エコロックパイル工法 トップロゴ

エコロックパイル工法は、先端部に切刃及び翼を取り付けた小口径鋼管杭(エコロックパイル)を回転貫入して埋設する工法です。

この工法は、低騒音・低振動・無排土施工なので環境にやさしく、しかも狭い敷地や狭い搬入路でも施工が可能な工法です。

エコロックパイルは、翼部が先端支持力に寄与するので高い鉛直支持力が期待でき、低中層建築物などへ経済的で高品質な杭を提供できます。

エコロックパイル 写真1
エコロックパイル先端部写真 エコロックパイル施工写真1 エコロックパイル施工写真2

■エコロックパイル工法の特長

●高い鉛直支持力

上杭は、厚さや材質を変えることにより、杭頭曲げ耐力の向上が図れます。

●材料の低コスト化

流通の簡素化

●低騒音・低振動・無排土施工

先端部に切刃及び翼を取り付けて回転貫入。水やセメントミルクを使用しません。

●狭隘施工

狭い敷地・狭い搬入路でも施工可能

●条件に合った現場継手の選択

溶接継手と機械式継手の2タイプを用意

●杭芯ズレの防止

先端の三角形切刃で精度向上

●確実な打ち止め管理

リアルタイムで施工記録を確認

●逆回転で引抜き可能

撤去作業が容易で、しかも再利用が可能

■エコロック適用箇所

適用例画像1

タンク、機械基礎

適用例画像2

戸建(車庫付き)住宅の基礎、ヒートポンプ等の地中熱利用

適用例画像3

住宅〜5Fビルの基礎

適用例画像4

L型土留等構造物の基礎

適用例画像5

工場・店舗、風力発電装置等の基礎

適用例画像6

アーケードやシェルター、大型看板、照明棟、鉄塔等の基礎

■国土交通大臣認定工法

国土交通大臣認定書画像

○先端地盤:砂質地盤(礫質地盤含む)

認定番号 TACP-0126(国住指第3664号・平成16年3月17日)

○先端地盤:粘土質地盤

認定番号 TACP-0127(国住指第3665号・平成16年3月17日)

認定範囲

★鋼管の寸法 φ114.3〜φ267.4
★鋼材の材質
鋼管  STK400 STK490
 SS400 SM490A
閉塞盤  SS400
切刃  SS400
★最小杭実長 3m
★最大施工深さ 30m

エコロックパイルについてのお問い合わせはこちらまで

お問い合わせボタン

設計のお手伝い・各種検討致します。

取扱代理店・HP運営者
株式会社テラサキ
〒329-2751 栃木県那須塩原市東三島6-337-314
TEL 0287-37-6125  FAX 0287-37-6126
建設業登録 栃木県知事許可(般-23) 第20969号
一級建築士事務所登録 (A)2809
http://www.terasaki-co.jp/
総販売元
正栄工業株式会社
〒220-0072 神奈川県横浜市西区浅間町3-184 三村ビル
TEL 045-320-5228  FAX 045-320-5205